会社というものは誰かが会社設立をしなければ増えていくことがありませんが、多くの会社は日本の経済を少しでも良くしていくために努力されています。会社設立をするためには様々な準備をしなければならないのですが、法律が関わってきますのでしっかり考えてやるようにしなければならないです。多くの人を集めるようにしなければならないですし、土地も必要になりますのでしっかり準備をして目的を決めるようにしなければならないです。どのような会社にも必ず目的というものがありまして、その目的に向かって仕事の方針が決まってきます。目的があるからこそ決められた仕事をやることが出来ますし、不足しているものを見つけることが出来ます。法律を破らないようにしてやっていかなければならなく、会社を経営していくためには法律はしっかり知っておくようにしなければならないです。会社を経営していくために必要な知識をしっかり覚えておくことによって、万が一のときでも対処することが出来たりすることが出来ます。とても大変なことではありますが、会社設立することによって新たな会社が出来ますので、しっかり経営をしていくようにして倒産しないようにしなければならないです。

会社設立の法律が改正

新会社法という新しい法律により、会社設立のルールが変わりました。これまでは、株式会社を作るときに必要な資本金は1000万円でしたが、今後は「1円」で設立することができます。また、この最低資本金制度が無くなったため、必要な書類がぐっと少なくなっています。さらに、今までは株主総会で取締役を3人以上選んで取締役会を作り、その中から代表取締役を選び、取締役の監査をする人も一人選任しなければなりませんでしたが、それらがすべて必要なくなりました。また、株式会社の敷居が下がったことで、有限会社がなくなりました。新会社法という法律によって、すごく簡略化されたわけです。会社設立のメリットですが、法人と個人事業主とでは信用が大きく違いますから、事業資金を集める際に有利になりますし、税金面でも優遇されます。個人事業主の場合は、利益はすべて自分の収益になってしまうので、最高税率が適用になりますが、法人の場合は、給与という形で支給すれば減税となって節税できます。会社設立すると、事業税を払わなければなりませんが、これも赤字であれば払わなくてすむようです。メリットが大きいので、新会社法ができたのを良い機会と考え、1円企業を作る人が増えているようです。