自身のアイディアによって独立して起業しようという場合に、個人事業で行う方法もありますが、会社設立によって規模を拡大することも可能です。その際に、多くの法律がついて回るため、しっかりと理解しておくことで、有利に仕事を行うことができます。特に税金に関する法律知識については、知っていれば大きな節税につながるため、会社設立の際にそういった知識に詳しい人材を採用することも非常に重要です。また、公的な書類を作成する機会も多くなるため、弁護士であったり、司法書士であったりと法律の専門家とも密接に関わっていくことになるため、そういった人との関わりの中で、知識を身に着けていくことが非常に重要です。また、会社設立の際には多くの必要書類があるため、そういった部分でも必要となる知識が多くあります。また、事業展開する中で特許を取得するなどの場合には、弁理士との関わりも必要になりますし、会社に務めている時と比較すると、こういった知識を知っているかどうかで大きく仕事の幅が変わってきます。逆にこういったことへの認識がしっかりとあると、ビジネスチャンスを広げることにもつながるため、そういった部分についてもしっかりと確認しておくことが重要です。

会社設立したときには法律が重要になる

会社設立をしてビジネスを始めると、経営者は様々な場面で契約書に署名、押印することになります。一般的には契約書がないと法律上の効力は生じないと考えがちですが、実際のところは、法律上は何の方式も規定されておらず、原則的には口頭の契約も書面の契約書も同等の効力を持ちます。しかし、口頭での契約の場合、内容が明確ではない、証拠が残らないなどの大きな欠点があるため、ビジネス上の取引では契約書を作成するのが基本となります。ましてや会社設立当初は信頼関係を構築することが重要になりますので、その架け橋としても契約書は重要になってきます。現実には取引先との力関係を意識したり、作成の煩雑さから契約書を交わすことを軽視する経営者もいますが、契約には次のように2つの重要な意味がありますので、改めて認識しておく必要があります。第1に、契約の内容を明確にするという意味があります。時間の経過により契約内容を忘れたり、お互いの言葉を誤解して受け取るなど、内容に行き違いが生じないようにするために書面を残します。第2に、後日の証拠となります。契約上のトラブルが生じた場合、口頭の契約では水かけ論に終始する可能性が高くなります。契約書を作成しておけば、契約の内容について、極めて明確な証拠となります。なお、契約書の作成に法律上の決まりは特にありませんので、基本的には当事者が自由に作成することができます。