会社設立に関する法律としては、新会社法があります。新会社法は今までの会社法とは大きく違う法律になっています。1つ目のポイントは、有限会社が廃止されたということです。新会社法が施行されてからは、有限会社という制度がなくなりました。2つ目は資本金が1円以上で設立できるということです。以前は株式会社であれば、必要な資金として一千万円が最低ラインだったので、大きく減額されました。そして、3つ目は取締役が1人でも設立できるということです。株式会社の場合は3人は取締役が必要であったということから考えても、とても手軽に会社設立をすることが可能になりました。現実的には設立者1人だけでも会社を設立することが出来ます。こうした新会社法という法律の施行は、多くの人に起業を促していくという目的のもとに作られてものであり、会社設立はとても重要なものであるということが言えます。設立をするという目的は様々なものですが、多くの人に会社を設立する機会が設けられたということは、とても素晴らしいことです。こうしたことから、経済に大きな影響をもたらすような、大企業が生まれる可能性も高めていくことが出来ます。産業を育てていくことにおいても、重要なことです。

会社設立に関係する法律の基本

会社設立は、決められたルールにのっとって行うことがまず不可欠です。そうした設立におけるルールを規定した法律に会社法と呼ばれるものがあります。従来は設立に関するルールはいくつかの種類あるいは名称を持つ法律に分かれて規定されていたものが、この会社法の誕生によって統一されるようになったとされています。こうした決められたルールの中で、設立に関する基本的な記述となった条文がいくつか挙げられています。第1に資本金に関する変更が挙げられます。従来は新しく企業する際は、会社の種類に応じて、数千万円単位の決められた金額の資本金を事前に用意する必要がありました。それが新しくなった会社法の下では、より少ない金額での会社設立が可能となり、設立しやすくなったという特徴があります。第2に役員会に関する記述にも変更があり、取締役員数が従来より少ない人数、最低1人でも良いとされ、その任期も従来より長くなりました。これも、新規の会社設立の条件緩和につながったとされています。この他にも、廃業率の増加やネットビジネス拡大による営業経費の少額化、あるいは多様化する形態や企業買収など、近年のビジネス背景を踏まえた法律として対応させた変更や、条文における記述方式の変更などが特徴として挙げられます。